vpnキルスイッチは思われてるより大切三つの理由

vpnキルスイッチは思われてるより大切三つの理由

vpnを利用すると、プライバシーと安全のレベルは非常に高める。でも、キルスイッチがなければ、vpnを絶対に使わないと同じ状態になってしまう。キルスイッチの働き方と利用する三つの理由を教えてみる。

論文を読まないで、すぐにキルスイッチをもらいたかったら、Hotspot Shieldをダウンロードしてください。

vpnキルスイッチというのは何?

vpnキルスイッチというのは何?

vpnのセキュリティ侵害の一番大きいのはインターネット接続が切れたとき。普通、インターネット接続は安定なら、vpn接続も安定だけど、時々1、2秒短い中止が起きる。

このとき、あなたのコンピューターは安全なvpnを使うのを止めて、本物のIPアドレスを使いはじめる。その上に、データの暗号化も止まり、情報はハッカーにもらいやすくなる。

キルスイッチはそのとき、vpnセーバと接続が復元されたまで、データ送信を止める。

キルスイッチを使わなければいけない三つの理由

  • 使わないと、どんなときコンピューターは暗号化されていない情報を送信してるか分からない

    使わないと、どんなときコンピューターは暗号化されていない情報を送信してるか分からない

    vpn接続は急に切れると、コンピューターは自動的に、不安全なチャンネルでデータを送信するのを始める。この変化はとても分かりにくくて読み落としやすい。

    その上、技術の進化のため、あっという間に多量の情報を送信できる。あなたのデータは盗まれたというのは最後まで分からなくて、分かったら、もう遅い。

  • 公式の無料インターネット接続サービスはハックしやすい

    公式の無料インターネット接続サービスはハックしやすい

    喫茶店や空港などのところで暗号されていないインターネット接続を使うとき、誰がトラフィックモニタリングをするか不明。向こうに座ってるパソコンを持つ男の人、あるいは上階の人もモニタリングができる。

    Wi-Fiネットワークの小さい会社はよくちゃんとITサポートしないし、メンテナンスもしなくて、安全レベルは低い。

    なぜかというと、資格がある職員を雇うのに予算が足りないから。だから、公衆無線Wi-Fiを使うとき、自分で安全を考えなければならない。

    Hotspot Shield VPNはあなたのデータを 公衆ルーターを使って、会社のサーバで暗号する。VPNを使わなければ、暗号されてないデータはコンピューターから公衆ルーターへ送信中盗まれる。

  • メンテナンスは絶対に要らない

    メンテナンスは絶対に要らない

    キルスイッチは自動的に働いてるから、気をつけなくてもいい。Hotspot Shieldを調節するとき、スイッチもつけて、コンピューターをつけるたびに情報を守る。複雑な調節は要らない。

    あなたのVPNにはキルスイッチがあるかどうか分からなければ、いますぐキルスイッチ技術の長所を感じられる。